2015年7月28日火曜日

世界がもし100人の白帯だったら


こんにちは、早川です。

一説によると、柔術をはじめた100人の白帯のうち、黒帯まで到達する(=黒帯になるまで柔術を続ける)人は、そのうちの1人なのだそうです。

柔術の黒帯と聞くと、みなさんはどのようなイメージを持たれるでしょうか。

仮に白帯が100種類のテクニックを知っているとするならば、

青帯は白帯が知らないテクニックをさらに100種類知っていて、

紫帯は青帯が知らないテクニックをさらに100種類知っていて、

茶帯は・・・とステップアップし、黒帯ともなると数百種類のテクニックを知っている人になる、このようなイメージを持たれている方が多いのではないでしょうか。

もちろんそれも正解の一つなのですが、本質的な部分ではありません。

私の考える黒帯とは、白帯が知っている100種類のテクニックを誰よりもうまく使いこなせる人です。

何百種類もの豊富なテクニックを知っていたとしても、使いこなせないのであればあまり意味がありません。

トライフォースのプログラムでは、まず学ぶこと(履修すること)、次に使いこなせるようになること(習得すること)、この2つの学習行程を踏んでもらっています。

ベーシックカリキュラムが白・青帯の共通カリキュラムになっているのはその為です。

同様にして、アドバンストカリキュラムは青・紫帯の共通カリキュラムになっており、マスターカリキュラムは紫・茶帯の共通カリキュラムになっています。